資料請求・お問い合わせ 資料請求
お問い合わせ

太陽とともに暮らす

「やさしい!」を
電気から。
CO2を排出しない。
未来にやさしい「電気」を
暮らしの中に。

私たちが生活する中で、
最もCO2を排出してしまうのが電気です。
そこで、OTSハウスでは
従来の電力には頼らず、
CO2を排出しない
太陽光発電+蓄電システムを活用。
電気を自給自足することで、
心にゆとりある生活がはじまります。

太陽光を電力に活用する
3つのグレードをラインナップ。
ご要望にあわせお選びください。

太陽とともに暮らす 「太陽光発電+蓄電池システム」イメージ (3つのグレード共通)

太陽の光から、
エネルギーを、
つくって、貯める ウォーターコンシャス、アドバンス、バリュー

毎日使用する電力を、太陽光のクリーンエネルギーでまかなうことができるOTSハウス。高効率・高出力の太陽光発電システムと大容量の蓄電池を組み合わせ、年間を通して安定的に電力を確保することができます。

エネルギーをつくる

1屋根に設置した太陽光発電システム

一方に傾斜した特長のある屋根デザインにより、大出力が可能な太陽光発電パネルを搭載しています。

屋根に設置した太陽光発電システムのイメージ

エネルギーを貯める

2太陽光発電システムと連係可能な大容量蓄電池

昼間だけでなく夜間にも太陽光エネルギーを活用できるよう、大容量の蓄電池を設置。普段の生活や停電時にも安心して電力を使うことができます。

太陽光発電システムと連係可能な大容量蓄電池のイメージ
暮らし方に合わせた3つのグレード別 発電量と蓄電量
暮らし方に合わせた3つのグレード別 発電量と蓄電量
どんどん発電+蓄電できるゆとりのスペックで、
快適なライフスタイルを実現。
1日の発電・蓄電・放電イメージ

電力の状況を
「見える化」し、
かしこく使う ウォーターコンシャス、アドバンス、バリュー

つくって、貯めた電力を、上手にムダなく使えることもOTSハウスの特長です。電力の状況を「見える化」する仕組みで、エネルギーを家族みんなでかしこく利用できます。

かしこく使う

3タブレットやPCなどで
電力状況をチェック

発電、蓄電、電力消費の状況をタブレットやPCなどで確認できます。リアルタイムの数値や1日の累計などが表示されるので、見えることでの安心感や、「使い過ぎたから節電しよう」といった家族の省エネ意識が高まります。

電力状況チェックのイメージ
電力の見える化システム
電力の見える化システムのイメージ

建物全体で電力利用を抑える ウォーターコンシャス、アドバンス、バリュー

電気を自給自足するためには、建物自身がエアコンなどによる電力消費を抑える働きを持つことも重要です。
OTSハウスは、屋根や壁などの住まいの構造体や、屋内の設計・設備にいたるまで、建物全体の性能・工夫で省電力を実現します。

断熱材ですっぽり覆い、快適な室温を保つ。

高断熱・高気密構造のイメージ
1屋根・壁の高断熱・
高気密構造
屋根と壁の断熱材に水を使って発砲させる硬質ウレタン「アクアフォームNEO」を採用。一般的な住宅を超える高断熱・高気密構造ですっぽり住まいを覆い、外気の影響をシャットアウト。エアコン効率を高めます。
屋根・壁の高断熱・高気密構造のイメージ
2すべての窓に
高性能断熱サッシ
開口部すべてに、複層ガラスを使用した高性能断熱サッシを採用。屋根・壁の断熱性との組み合わせで快適な室温を守り、結露の発生も抑えます。
高性能断熱サッシのイメージ

ZEH基準を上回る断熱性能で、省エネを実現

住まいの断熱性能を示す際にUA値(外皮平均熱貫流率)という数値を使用し、数値が低いほど性能が高いことを表します。OTSハウスのUA値は0.44W/m2kで、これは国が定めるZEH基準値(0.6W/m2k)を上回る断熱性能であり、高い省エネ効果が見込めます。
省エネ基準区分:7地域

UA値のイメージ
UA値比較のイメージ

陽ざしを建物デザインでコントロール

深い軒が夏場の強い陽ざしを遮り、余計な熱を室内に入れません。
また、冬場は太陽の温もりを招き入れて快適に暮らすことができます。

冬場の陽ざし、夏場の陽ざしのイメージ

資料請求・お問い合わせ

株式会社TOKAI OTS推進課
054-273-4831

[受付時間]9:00〜17:45(土・日・祝日・年末年始を除く)