資料請求・お問い合わせ 資料請求
お問い合わせ

私たちの目指す未来

水と電気を各家庭が
自給自足して、
CO2の削減を
実現する未来。

なりたい未来が、ここに!CHECK! かなえるべき未来が、ここに!「現在の暮らし」と「未来の暮らし」を見る

scroll

今の暮らしのままで、
未来の環境は
守れるのでしょうか。

私たちは、感じています。
このままでは地球環境の変化と
温暖化が進んでしまうことを。
こどもたちの未来に、
大きな負荷を負わせてしまうことを。
その原因は、CO2の過度な排出にあります。
私たちが今まで通りの暮らしを続けていては、
CO2の排出はとめられません。
どうすれば、CO2を減らすことが
できるのでしょう。
身近なところにも、ヒントがありそうです。

地球温暖化は、世界の、そして未来の問題です。

太陽エネルギーで温められた地球の地表面の熱は、宇宙に放出されます。その熱の一部を吸収し、地球の温度を保っているのが温室効果ガスです。CO2、メタン、フロン類などの温室効果ガスが⼤量に排出され、⼤気中の濃度が⾼まることで宇宙へ放出されるはずだった熱が地表⾯に留まり、地球温暖化が進⾏します。地球温暖化がもたらす環境の変化や⾃然災害は、世界的な問題となっています。

世界の平均気温偏差(1891年~2020年)出典/気象庁

「偏差」とは、観測点ごとの平均的な状態からの気温のずれのことをいいます。日本全体や世界全体の平均気温、降水量は地点によって全く異なるデータになり、その平均値が該当地点を代表している気候とは言えません。従って、地球温暖化や気候変動の監視は、偏差を元に計算し把握します。世界の年平均気温は、様々な変動を繰り返しながら上昇しており、長期的には100年あたり0.72℃の割合で上昇。また、最近の2014年から2020年までの値が極めて高くなっています。
*世界の平均気温の定義は、陸域における地表付近の気温と海面水温の平均。 *基準値は1991~2020年の30年間の平均値。
*気象庁「世界の年平均気温偏差」をもとに、株式会社TOKAIが作成。

CO2の発生源は、私たちの毎日の暮らしにもありました。

CO2は、私たちの生活を支える様々なライフラインの供給過程でも発生しています。発電施設、変電所、浄水場などのインフラ設備や工場、オフィスビル、もちろん家庭でも。私たちの日常の生活が、地球に負担をかけています。

私たちの暮らしに、水と電気は欠かせません。
ところが、必要なライフラインを使うだけで、意外にも多くのCO₂を排出しています。
その数値は、未来への警鐘を鳴らしているようです。

一家族4人が、水と電気を使用するだけで年間排出するCO2は約3.00t。それは、50年生スギの210本分が吸収するCO2の量に匹敵します。私たちは、暮らしに欠かせないライフラインを使うだけで、意外にも多くのCO2を排出しています。

CO2排出!(年間)約3.00t=210本分〈家族4人で暮らした場合。水と電気のみ〉
スギの木のイラスト

※50年生スギの1年間で吸収する
CO2の量を約14Kgとする。
(関東森林管理局ホームページより)

今の暮らしのイメージ

CO2を排出量を知り、
CO2の削減を考えて。

実際、私たちは生活をする中でどれほどのCO2を排出しているのでしょうか。その事実を知ることが、地球環境を考える第一歩になります。

電気:2.92t+水:0.08t=3.00t
グラフ
建て方別世帯人数別世帯当たり
年間エネルギー種別CO2排出量(戸建)
出典/環境省:令和元年度家庭部門のCO2排出実態統計調査
グラフ
世帯人員別の1ヶ月あたりの平均CO2排出量
出典/平成30年度 東京都水道局生活用水実態調査

暮らしを変えれば、
未来も変わる。

環境保全とCO2削減を可能にする未来は、
どういう暮らしなのでしょう。
それは、再生可能エネルギーの活用が進んでいて、
雨水を生活水として利用したり、
太陽光で発電する自給自足の暮らし。
快適性はそのままに、CO2
出さない暮らしが理想です。
未来を変えるには、
私たちの暮らしを変える必要があります。

CO2削減が実現する未来

再生可能エネルギーを多用し、自給自足の生活が地域に広まれば、きっと未来はよくなります。インフラの整備も減ることになり、さらにCO2の削減ができるでしょう。緑豊かな自然環境の実現は、私たちの⼼地よい暮らしにつながります。

CO2の排出をおさえるためには、「生活の知恵」と「自然の活用」がポイントです。

今のままでの暮らしではCO2を多く排出し続けてしまうという問題があります。CO2を削減するために必要なのは、これまでとは違う2つの生活スタイルです。1つは、毎日の暮らしの中で知恵をしぼり、水や電気の利用量を減らすこと。そしてもう1つは、雨水を生活水に活用し、電気を太陽光などの再生可能エネルギーからつくり出すことです。未来のためにCO2を削減する暮らしを、はじめてみませんか。

CO2削減へのACTION!

CO2を削減するため、私たちには
生活の中でできることがあります。
ところが、⽣活の⼯夫だけでは
私たちには難しいこともあります。
それでは、⾃然の上⼿な活⽤に
⽬を向けてみてはいかがでしょう。

資料請求・お問い合わせ

株式会社TOKAI OTS推進課
054-273-4831

[受付時間]9:00〜17:45(土・日・祝日・年末年始を除く)