GRADE LINE UP

グレード
ラインナップ

グレードラインナップ

生活水と電気の完全自給自足が可能な【アドバンス】から、災害時に3日間自立可能な【バリュー3】まで、
お客様が望まれる くらし を叶える6つの自給自足グレードをラインナップしています。

ウォーターコンシャスアイコンの数はイメージです

ウォーターコンシャス
ウォーターコンシャス

雨水を生活水として活用できるシステムと、
くらしを豊かにする太陽光発電+蓄電システムを組み合わせたタイプ。
断水時でも安心して水を利用できます。

SPEC

生活水 DAILY LIFE WATER

生活水
[雨水活用]平常時自立可能※1

上水道の利用はバックアップ用水に限定し、できる限り上水道を買うことなく生活を送ることが可能

■ OTSハウス生活水使用量(4人家族・1日分)

750

 
上水道の
年間使用量
一般的な住宅
320,000
OTSハウス
100,000

電気 ELECTRIC POWER

電気
[太陽光発電]災害時7日間自立可能※2

平常時

系統電力と太陽光発電+蓄電システムを並列で使用

■ OTSハウス電力使用量(4人家族・1日分)

16.5kWh

停電時7日間の生活スタイルイメージ

太陽光発電+定置型蓄電池の電力を使用

■ 電力使用想定量(4人家族・1日分)

およそ6.0kWh(平常時の1/3に制限)

■ 1日の使用想定量

  • ・冷蔵庫:1.0kWh
  • ・テレビ:1.0kWh(4h分)
  • ・洗濯機:0.0kWh(晴天時のみ使用)
  • ・照明:1.0kWh(点灯エリア50%のみ使用)
  • ・その他家電:1.5kWh(携帯充電・アクアサーバ)
  • ・生活水生成ポンプ:1.5kWh
ウォーターコンシャス

※1)降雨量0㎜が10日間連続した場合を除く※降雨量定義:雨量計で観測する降水量とは、一定時間の間に雨量計に入った雨や雪などの体積の合計を指す。降雨量0㎜/日が10日間連続するケースは年間15~20回/年程度[出典:静岡市気象データ]
※2)電力消費量:平常時のおよそ1/3とする※上記スペックは、OTS島田ばらの丘コンセプトハウスの実証データ、或いは2018.02~2018.12間の気象データを元に30坪タイプのOTSハウスでウォーターコンシャスタイプが求める性能が実現できることを目的に選定しています。従って、くらし方の状況、或いは気象条件によっては上記スペックが成立しないことがあります。

バリュー3アイコンの数はイメージです

バリュー3
バリュー3

OTSハウスの機能性をバランスよく組み合わせたタイプ。
災害が発生しても生活水と電気は3日間自立可能なスペックで家族を守ります。

SPEC

生活水 DAILY LIFE WATER

生活水
[水道水利用]災害時3日間自立可能※1

平常時

一般の住宅同様に公共の上下水道を利用

■ OTSハウス生活水使用量(4人家族・1日分)

750

断水時3日間の生活スタイルイメージ

貯水タンクにストックされた水道水を使用

■ 生活水使用想定量(4人家族・1日分)

およそ100ℓ(平常時の1/7に制限)

■ 3日間の使用想定量(累計)

  • ・浴室シャワー:110ℓ(3日分)
  • ・洗面:24ℓ
  • ・洗濯:30ℓ(1回分)
  • ・キッチン:42ℓ
  • ・トイレ排水:145ℓ
  • ※飲食はアクアサーバー水使用
  • ※浴室浴槽、トイレ手洗いは不使用

電気 ELECTRIC POWER

電気
[太陽光発電]災害時3日間自立可能※2

平常時

系統電力と太陽光発電+蓄電システムを並列で使用

■ OTSハウス電力使用量(4人家族・1日分)

13.6kWh

停電時3日間の生活スタイルイメージ

太陽光発電+定置型蓄電池の電力を使用

■ 電力使用想定量(4人家族・1日分)

およそ4.0kWh(平常時の1/4に制限)

■ 1日の使用想定量

  • ・冷蔵庫:1.0kWh
  • ・テレビ:0.5kWh(2h分)
  • ・洗濯機:0.0kWh(晴天時1回分)
  • ・照明: 0.4kWh(点灯エリア20%のみ使用)
  • ・その他家電:1.2kWh(携帯充電・アクアサーバ)
  • ・生活水生成ポンプ:1.0kWh
バリュー3

※1)生活水使用量:平常時の1/7とする
※2)電力消費量:平常時の1/3とする※上記スペックは、OTS島田ばらの丘コンセプトハウスの実証データ、或いは2018.02~2018.12間の気象データを元に30坪タイプのOTSハウスでバリュータイプが求める性能が実現できることを目的に選定しています。従って、くらし方の状況、或いは気象条件によっては上記スペックが成立しないことがあります。

アドバンスアイコンの数はイメージです

アドバンス
アドバンス

「生活水」と「電気」を完全自給自足できるフルスペックのOTSハウス。
ダブルの安心感で、家族の毎日を力強く守ります。

SPEC

生活水 DAILY LIFE WATER

生活水
[雨水活用]完全自給自足※1

上水道に頼ることなく、雨水浄化+生活水の循環システムにより快適なくらしを送ることが可能

■ OTSハウス生活水使用量(4人家族・1日分)

750

 
上水道の
年間使用量
一般的な住宅
320,000
OTSハウス
0

電気 ELECTRIC POWER

電気
[太陽光発電]完全自給自足※2

系統電力に頼ることなく、太陽光発電+蓄電池により快適なくらしを送ることが可能

■ OTSハウス電力使用量(4人家族・1日分)

16.5kWh

 
系統電力の
年間使用量
一般的な住宅
5,500kWh
OTSハウス
0kWh
アドバンス

※1)想定外の気象状況になった場合を除く。※緊急時は上水道より生活水槽に給水するため、上下水道共に契約が必要です。
※2)想定外の気象状況になった場合を除く。※緊急時は系統電力を使用するため、系統電力会社との契約が必要です。※上記スペックは、OTS島田ばらの丘コンセプトハウスの実証データ、或いは2018.02~2018.12間の気象データを元に30坪タイプのOTSハウスで完全自給自足が実現できることを目的に選定しています。従って、くらし方の状況、或いは気象条件によっては完全自給自足が成立しないことがあります。

ウォーターコンシャス・デラックスアイコンの数はイメージです

ウォーターコンシャス・デラックス
ウォーターコンシャス・デラックス

雨水を生活水として活用できるシステムと、
くらしを豊かにする太陽光発電+蓄電システムを組み合わせたタイプ。
断水時でも安心して水を利用できます。

SPEC

生活水 DAILY LIFE WATER

生活水
[雨水活用]平常時自立可能※1

上水道の利用はバックアップ用水に限定し、できる限り上水道を買うことなく生活を送ることが可能

■ OTSハウス生活水使用量(4人家族・1日分)

750

 
上水道の
年間使用量
一般的な住宅
320,000
OTSハウス
100,000

電気 ELECTRIC POWER

電気
[太陽光発電]災害時7日間自立可能※2

平常時

系統電力と太陽光発電+蓄電システムを並列で使用

■ OTSハウス電力使用量(4人家族・1日分)

16.5kWh

停電時7日間の生活スタイルイメージ

太陽光発電+定置型蓄電池の電力を使用

■ 電力使用想定量(4人家族・1日分)

およそ6.0kWh(平常時の1/3に制限)

■ 1日の使用想定量

  • ・冷蔵庫:1.0kWh
  • ・テレビ:1.0kWh(4h分)
  • ・洗濯機:0.0kWh(晴天時のみ使用)
  • ・照明:1.0kWh(点灯エリア50%のみ使用)
  • ・その他家電:1.5kWh(携帯充電・アクアサーバ)
  • ・生活水生成ポンプ:1.5kWh
ウォーターコンシャス・デラックス

※1)降雨量0㎜が10日間連続した場合を除く※降雨量定義:雨量計で観測する降水量とは、一定時間の間に雨量計に入った雨や雪などの体積の合計を指す。降雨量0㎜/日が10日間連続するケースは年間15~20回/年程度[出典:静岡市気象データ]
※2)電力消費量:平常時のおよそ1/3とする※上記スペックは、OTS島田ばらの丘コンセプトハウスの実証データ、或いは2018.02~2018.12間の気象データを元に30坪タイプのOTSハウスでウォーターコンシャスタイプが求める性能が実現できることを目的に選定しています。従って、くらし方の状況、或いは気象条件によっては上記スペックが成立しないことがあります。

エナジーコンシャスアイコンの数はイメージです

エナジーコンシャス
エナジーコンシャス

ハイスペックの太陽光発電システム+大容量蓄電池を完備した電力重視タイプ。
また、水道水をたくわえる貯水タンクを備え、断水時も安心です。

SPEC

生活水 DAILY LIFE WATER

生活水
[水道水利用]災害時7日間自立可能※1

平常時

一般の住宅同様に公共の上下水道を利用

■ OTSハウス生活水使用量(4人家族・1日分)

750

断水時7日間の生活スタイルイメージ

貯水タンクにストックされた水道水を使用

■ 生活水使用想定量(4人家族・1日分)

およそ100ℓ(平常時の1/7に制限)

■ 7日間の使用想定量(累計)

  • ・浴室シャワー:198ℓ(3日分)
  • ・洗面:56ℓ
  • ・洗濯:30ℓ(1回分)
  • ・キッチン:98ℓ
  • ・トイレ排水:336ℓ
  • ※飲食はアクアサーバー水使用
  • ※浴室浴槽、トイレ手洗いは不使用

電気 ELECTRIC POWER

電気
[太陽光発電]平常時自立可能※2

系統電力との契約は必須だが、できる限り系統電力を買うことなく生活を送ることができる。太陽光発電で得られる余剰電力を売電することも可能

■ OTSハウス電力使用量(4人家族・1日分)

13.6kWh

 
系統電力の
年間使用量
年間売電量
一般的な住宅
5,500kWh
0kWh
OTSハウス
80kWh
2,850kWh
エナジーコンシャス

※1)生活水使用量:平常時の1/7とする
※2)日照時間0hが2日間連続した場合を除く※日照時間定義:一日のうちで日照計で測定される直達日射量が120W/㎡以上である時間。直射光によって物体の影が認められない程度。日照時間0h/日が2日間以上続くケースは、年間15~20回程度[出典:静岡市気象データ]※上記スペックは、OTS島田ばらの丘コンセプトハウスの実証データ、或いは2018.02~2018.12間の気象データを元に30坪タイプのOTSハウスでエナジーコンシャスタイプが求める性能が実現できることを目的に選定しています。従って、くらし方の状況、或いは気象条件によっては上記スペックが成立しないことがあります。

バリュー7アイコンの数はイメージです

バリュー7
バリュー7

OTSハウスの機能性をバランスよく組み合わせたタイプ。
災害が発生しても生活水と電気は7日間自立可能なスペックで家族を守ります。

SPEC

生活水 DAILY LIFE WATER

生活水
[水道水利用]災害時7日間自立可能※1

平常時

一般の住宅同様に公共の上下水道を利用

■ OTSハウス生活水使用量(4人家族・1日分)

750

断水時7日間の生活スタイルイメージ

貯水タンクにストックされた水道水を使用

■ 生活水使用想定量(4人家族・1日分)

およそ100ℓ(平常時の1/7に制限)

■ 7日間の使用想定量(累計)

  • ・浴室シャワー:198ℓ(3日分)
  • ・洗面:56ℓ
  • ・洗濯:30ℓ(1回分)
  • ・キッチン:98ℓ
  • ・トイレ排水:336ℓ
  • ※飲食はアクアサーバー水使用
  • ※浴室浴槽、トイレ手洗いは不使用

電気 ELECTRIC POWER

電気
[太陽光発電]災害時7日間自立可能※2

平常時

系統電力と太陽光発電+蓄電システムを並列で使用

■ OTSハウス電力使用量(4人家族・1日分)

13.6kWh

停電時7日間の生活スタイルイメージ

太陽光発電+定置型蓄電池の電力を使用

■ 電力使用想定量(4人家族・1日分)

およそ6.0kWh(平常時の1/3に制限)

■ 1日の使用想定量

  • ・冷蔵庫:1.0kWh
  • ・テレビ:1.0kWh(4h分)
  • ・洗濯機:0.0kWh(晴天時1回分)
  • ・照明:1.0kWh(点灯エリア50%のみ使用)
  • ・その他家電:1.5kWh(携帯充電・アクアサーバ)
  • ・生活水生成ポンプ:1.5kWh
バリュー7

※1)生活水使用量:平常時の1/7とする
※2)電力消費量:平常時の1/3とする※上記スペックは、OTS島田ばらの丘コンセプトハウスの実証データ、或いは2018.02~2018.12間の気象データを元に30坪タイプのOTSハウスでバリュータイプが求める性能が実現できることを目的に選定しています。従って、くらし方の状況、或いは気象条件によっては上記スペックが成立しないことがあります。